Logicool G703hレビュー 一味違う持ち心地のエルゴノミクスマウス!? razer deathadderとの比較も

今でも人気の高いゲーミングマウスG703

apexで人気のras選手が使用していたこともあり、認知度はゲーミングマウスの中でもトップクラスでしょう

僕が初めて買ったゲーミングマウスでもあります()

いろいろマウスを買い漁ってきた僕ですが、持ちやすさという点においてはG703はかなり優秀なマウスです

少し昔のマウスになりますが、実際に使ってみるとどうなのか・・・・しっかり見ていきます!

もくじ

製品仕様

スクロールできます
G703
全長124mm
68mm
高さ43mm
重量95g
接続方式ワイヤレス
接続時間最大60時間

形状

かぶせ持ち・つかみ持ちに適した、大きめのエルゴノミクスマウスマウスです

他の左右非対称マウスと違う点がいくつかあるので、比較しながら見ていきましょう

左側の形状は親指が配置しやすいように緩やかなカーブがあります

右側は左右非対称マウスにしては珍しい直線的なデザインで、様々な持ち方に対応しやすい形状と言えます

多くのエルゴノミクスマウスは右側にもカーブがあり、手をそのまま乗せる持ち方がフィットしやすいです

それに対してG703は右側の作りが平たく一直線になっているので少し握り込むような持ち方がフィットします

g703
deathadder v3 pro

マウスの高さは後部まで続いているので、手のひらのフィット感が強いです

かぶせ持ち、つかみ持ちをした時に安定感があります

バッテリー持続時間が長い

ライティングオフでバッテリーが最大60時間と長いのも嬉しいポイントです

毎日ゲームを8時間プレイする人でも1週間に1回の充電で済みます

マウスソール

標準では黒色のマウスソールが貼られています

引っ掛かりはないものの、そこまで速い滑りではありません

安定した操作感があり、コントロール性に長けたソールと言えるでしょう

もし滑りが気になるのであれば他社のソールに交換することをおすすめします

メインボタン

指を乗せやすいように、少しくぼみのある形状をしています

クリック感は軽めです

押し込むと適度な反発があり、連打しやすい作りとなっています

サイドボタン

サイドボタンは大きいです

しかしマウスを握った時に邪魔にはならず、誤爆の心配もありません

むしろ感覚的に操作がしやすいので、素早い反応が求められるゲームに適したサイドボタンと言えます

押し心地も軽いので非常に快適に操作できます

ホイール

マウスホイールはノッチ感が少なくスムーズな仕様です

ホイールボタンは硬めとなっています

ラバーグリップ

サイドにはラバーグリップが搭載されています

このおかげで手汗をかいてもマウスが滑ることなく操作できます

また、一体型なので本体との段差がなく、神経質な人でも問題なく使用できます

僕はグリップテープの段差が気になるので、g703のラバーグリップは非常にありがたいと感じました

実際に使ってみると

持ち心地

g703は抜群に持ちやすいマウスです

特にかぶせ持ち・つかみ持ちのフィット感が凄かったです

ラバーグリップと相まって手に吸い付くような持ち心地でした

今まで使ってきたマウスの中でもトップクラスに持ちやすいと感じました

また、後部が高いので手のひらのフィット感が他のエルゴノミクスマウスよりも強かったです

好みが分かれるポイントだと思いましたが、個人的には大好きです

後部の高さがあるおかげでつかみ持ちをした時に安定感があります

クリック

クリック感も非常に良かったです

タップ撃ちがめっちゃやりやすい!

valorantで遠距離の敵をタップ撃ち、バースト撃ちする時に軽快にクリックでき、とても快適でした

重量

重たかったです

マウスを持ち上げるときに「ずしっ」と重さを感じます

特につまみ持ちをした時の負担が大きかったので、つまみ持ちをする人は気を付けた方が良いです

G703の良い所

  • 癖が少なく万人受けしやすい形状
  • 安定したワイヤレス接続
  • 軽いクリック感で押し心地が良い
  • サイドのグリップが神

どんな持ち方でも持ちやすい

左右非対称マウスながらもサイドの作りに癖が少なく、いろいろな持ち方に対応している形状となっています

かぶせ持ち・つかみ持ちはもちろんのこと、手が大きい人であればつまみ持ちも出来ます

安定したワイヤレス接続

初めてワイヤレス接続のマウスを買う時に

カーソル飛びがないか心配

と思う人は少なくないです

G703は少し昔のマウスですが、通信が途切れたり、カーソルが飛んだりしたことはありませんでした

プロ選手の中にもこのマウスを使っている人がいるので、その心配は少ないでしょう

軽いクリック感

G703は軽いクリック感でタップ撃ちやバースト撃ちがしやすいです

クリックが硬いと無駄な力が入りエイムに影響が出てしまいます

もちろん好みがあるので一概に硬いクリックが悪いわけではありませんが、誤爆しないのであれば軽いに越したことはありません

サイドのグリップが神

G703はサイドにラバーグリップが搭載されています

グリップのおかげで手汗で滑ることなく安定してマウスを握ることができます

後からグリップテープを付けるとどうしても「段差」が出来てしまい、違和感を感じてしまいます

しかしG703は、本体と一体型になっているのでその心配もありません

このグリップがとにかく良いので、家電量販店などで試せる人は一度触ってみて欲しいです

G703の気になるとこと

  • 重たい
  • つまみ持ちの人には合わないかも

重さが懸念点

G703の最大のデメリットは重さです

本体重量95gとお世辞にも軽いとは言えません

特につまみ持ちをした時に重さを感じやすいです

指先だけで操作するつまみ持ちとの相性はあまり良くないでしょう

形状自体はつまみ持ちとの相性は悪くありませんが、重さがネックとなってしまっています

最後に

G703は非常に持ち心地の良いマウスです

右サイドの平たい作り、後部まで続く背の高さは他のエルゴノミクスマウスにはないG703の特徴と言えます

特にかぶせ持ち、つかみ持ちをする人には唯一無二のマウスになるかもしれません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2018年にpubgをプレイしてからFPSにどっぷりはまる。初めて買ったマウスを使っている時に、「これより自分に合ったマウスはないか」と思い、いろいろなマウスに手を出したのが運の尽き。今ではマウスだけでなく、ガジェット全般沼にはまってしまいましたw

このブログではゲームに使えるデバイスを中心に発信しています

もくじ