WordPress

【コピペOK!】プライバシーポリシーの書き方

投稿日:2019年4月18日 更新日:

こんにちは、りゅーせーです。

今回はプライバシーポリシーの書き方について解説したいと思います!

誰でも簡単にできるのでサクッと済ませちゃいましょう!

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、ウェブサイトで収集した個人情報をどのように扱うかについて書かれているものです

これはサイトを運営している方が自分でサイトに記載しなければいけません。

例えば、アクセスを解析するときにGoogle Analyticsなどを使うことがあるかと思います。

そのような時に個人情報を取り扱うため、プライバシーポリシーを書く必要があります。

他にもGoogle AdSenseで広告を貼るときにも必要になります。

プライバシーポリシーが必要なサイトとは

ほとんどのサイトにプライバシーポリシーが必要となります!

先ほども言いましたが、個人情報を取り扱っているサイトは作らなければいけません。

「いや~、個人情報なんて取り扱ってないよ~」と思っていても、気づいていないだけで実は取り扱っている場合が多いです。

「絶対に個人情報なんて取り扱っていない!」と断言できる方は作らなくてもいいと思います。

分からなかったら取り敢えず作っておくのが一番です!
面倒ですが、この記事ではコピペで済むので誰でも簡単に作れます。

それでは作っていきましょう!

プライバシーポリシー作成の手順

それではWordPressでどのようにプライバシーポリシーを書くかを解説します!

WordPressではない方は該当箇所にコピペだけすれば大丈夫かと思います。

プライバシーポリシー作成の手順

  1. 管理画面 > 設定 > プライバシー を開く
  2. プライバシーポリシーのページを作成
  3. プライバシーポリシーの記事の内容を変更

管理画面 > 設定 > プライバシー を開く

すると、このような画面が出てくると思います。

 

プライバシーポリシーのページを作成

下にある「新規ページを作成」をクリックすると、「プライバシーポリシー」というタイトルで固定ページが作成されます。

どうやら、最初から中身が書かれていますね。ですが、このテンプレートのままでは書き換えなければいけない箇所がいくつかあります。面倒ですね。

このテンプレートを書き換えたものを用意したので、すべてそれに書き換えちゃいましょう!

プライバシーポリシーの記事の内容を変更

今回用意したプライバシーポリシーのテンプレートは以下にも対応しています。

  • Google AdSense
  • Google Analytics

プライバシーポリシーの中身をすべて消して、以下のテンプレートをコピーして張り付けてください。

貼り付けたら、最初に書いてある【自分のサイトのアドレス】のところを書き換えてください。

私たちについて

私たちのサイトアドレスは 【自分のサイトのアドレス】 です。

このサイトが収集する個人データと収集の理由

コメント

訪問者がこのサイトにコメントを残す際、コメントフォームに表示されているデータ、そしてスパム検出に役立てるための IP アドレスとブラウザーユーザーエージェント文字列を収集します。

メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、あなたが Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーは https://automattic.com/privacy/ にあります。コメントが承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。

メディア

サイトに画像をアップロードする際、位置情報 (EXIF GPS) を含む画像をアップロードするべきではありません。サイトの訪問者は、サイトから画像をダウンロードして位置データを抽出することができます。

お問い合わせフォーム

当サイトでは、お問い合わせフォームのご利用などの際に、名前(ペンネーム)やメールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合があります。

これらの個人情報は、質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどで連絡する際に利用するものであり、個人情報をご提供いただく場合の目的以外では利用いたしません。

Cookie

サイトにコメントを残す際、お名前、メールアドレス、サイトを Cookie に保存することにオプトインできます。これはあなたの便宜のためであり、他のコメントを残す際に詳細情報を再入力する手間を省きます。この Cookie は1年間保持されます。

もしあなたがアカウントを持っており、このサイトにログインすると、私たちはあなたのブラウザーが Cookie を受け入れられるかを判断するために一時 Cookie を設定します。この Cookie は個人データを含んでおらず、ブラウザーを閉じた時に廃棄されます。

ログインの際さらに、ログイン情報と画面表示情報を保持するため、私たちはいくつかの Cookie を設定します。ログイン Cookie は2日間、画面表示オプション Cookie は1年間保持されます。「ログイン状態を保存する」を選択した場合、ログイン情報は2週間維持されます。ログアウトするとログイン Cookie は消去されます。

もし投稿を編集または公開すると、さらなる Cookie がブラウザーに保存されます。この Cookie は個人データを含まず、単に変更した投稿の ID を示すものです。1日で有効期限が切れます。

他サイトからの埋め込みコンテンツ

このサイトの投稿には埋め込みコンテンツ (動画、画像、投稿など) が含まれます。他サイトからの埋め込みコンテンツは、訪問者がそのサイトを訪れた場合とまったく同じように振る舞います。

これらのサイトは、あなたのデータの収集、Cookie の使用、サードパーティによる追加トラッキングの埋め込み、埋め込みコンテンツとのやりとりの監視を行うことがあります。アカウントを使ってそのサイトにログイン中の場合、埋め込みコンテンツとのやりとりのトラッキングも含まれます。

アナリティクス

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

Googleアナリティクスでは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。

データを保存する期間

あなたがコメントを残すと、コメントとそのメタデータが無期限に保持されます。これは、モデレーションキューにコメントを保持しておく代わりに、フォローアップのコメントを自動的に認識し承認できるようにするためです。

このサイトに登録したユーザーがいる場合、その方がユーザープロフィールページで提供した個人情報を保存します。すべてのユーザーは自分の個人情報を表示、編集、削除することができます (ただしユーザー名は変更することができません)。サイト管理者もそれらの情報を表示、編集できます。

データに対するあなたの権利

このサイトのアカウントを持っているか、サイトにコメントを残したことがある場合、私たちが保持するあなたについての個人データ (提供したすべてのデータを含む) をエクスポートファイルとして受け取るリクエストを行うことができます。また、個人データの消去リクエストを行うこともできます。これには、管理、法律、セキュリティ目的のために保持する義務があるデータは含まれません。

あなたのデータの送信先

訪問者によるコメントは、自動スパム検出サービスを通じて確認を行う場合があります。

 

プライバシーポリシーの配置場所

プライバシーポリシーの中身が書けたら、次は配置場所を決めましょう。

プライバシーポリシーはどこにおいてもかまいません。
フッターに置くことがよくあるので、迷った方はフッターに置きましょう。

フッターへの配置方法

  1. 管理画面 > 外観 > メニュー を開く
  2. フッターの設定をする

フッターへの配置方法

管理画面 > 外観 > メニューを開く

すると、このような画面が出てくると思います。

 

フッターの設定をする

下のようにfooterメニューを作りましょう。

あとはメニューを保存して、プライバシーポリシーの固定ページを公開するだけで完了です。

最後までお疲れ様でした!

まとめ

今回はプライバシーポリシーの書き方について解説しました。

プライバシーポリシーを書くのはとても面倒ですが、今回ご紹介した方法で作ってしまいましょう!

それではまた!

-WordPress
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【WordPress】CSSが反映されない時にチェックしたいポイント

こんにちは、りゅーせーです。 WordPressの使っていてstyle.cssに書き込んだのに反映されない! といった経験はありませんか? この記事を見ている方はCSSがうまく反映されなくて悩んでいる …